イブラヒモってどんな紐?

逢塚 東小路のエッセイ集。日々 是 脱力。

聞き間違えることもある

カラオケボックスのドリンクバーにトレイが見当たらなくて困った。

平日のわりにお客が多かったようで、食器の返却コーナーはカップやストローで溢れかえっており、使用済みのトレイが山積みだ。

温かいドリンクと冷たいドリンクの2つを持って上階に向かいたいのだが、やはりトレイを使う方が無難である。1枚くらい未使用のものがあるのではないかとキョロキョロしていたところ、タイミング良く店員が通りかかった。

「あのすみません。トレイってありますか?」

初めて見る顔の店員だった。彼女はこう答えた。

「あっ、はい!そこを真っ直ぐ行っていただいて、突き当りを左に行ったところです!」

遠すぎる…いや、そうじゃない。この店員はえらい勘違いをしていると察して、わたしはこう返した。

「いや、トイレではなくて」

彼女は頬を赤らめて厨房へと引き返した。程なくして、わたしは洗いたてのトレイを受け取り、コーンポタージュとペプシネックスを載せて、一階上にある小部屋へと足を進めた。

それにしてもどうだろう。「トレイ」と「トイレ」を聞き間違える事態に遭遇したのは、生まれて初めての経験である。

以前、インターネット関連のコールセンターで働いていたときに「受信トレイ」を読み間違えるご老人がいた。

彼は言った。「受信トイレには何も入っていません」と。

わたし自身にも間違えた経験はある。とあるクイズゲームの4択問題の中に、「トイレットペーパー」「トレイットペーパー」という紛らわしい選択肢があって、気がはやるあまり「トレイットペーパー」を選んでしまったという苦い経験だ。しかし、これもまた読み間違えに他ならない。

「トイレ」「トレイ」は字面が似ている。だが、聞き間違える要素はどこにあるのだろうか。

自室の扉を閉めてからも、しばらくこのことを考えていた。

「トレイ」ではなく「トレー」と語尾を伸ばすべきだっただろうか。

「トレイ」ではなくて、"tray"と英語の正しい発音をすべきだったのだろうか。

そもそも発音の問題でもなくて、わたしの様子からして「今にも漏れそうな人」と誤認された結果、トイレを案内されてしまったのだろうか。そうだとしたら、ふだんの立ち居振る舞いを改めるべきではないか。

自問自答しているうちに、(ああ、そうか)と一つの名案に辿り着いた。ようやく充電器からデンモクを抜き取って、どかっとソファに腰を下ろす。

これからは「トレイ」と言わず「おぼん」と呼ぼう。