イブラヒモってどんな紐?

逢塚 東小路のエッセイ集。日々 是 脱力。

バスに乗り込んできた巨大な鳥の羽根を帽子に差した男性の話

f:id:yk1974:20180413162846p:image

 羽根つきの帽子といえば、チロリアンハットだ。ハイキングや山登りと聞いて連想するあれで、側面にちょんと小鳥の羽根が飾られた帽子のことだ。

しかし、目の前にあるのはどうだろうか。記憶にあるチロリアンハットと違って、明らかに羽根が大きい。

何の話をしてるかというと、タイトルのとおり『バスに乗り込んできた巨大な鳥の羽根を帽子に差した男性の話』である。

整理券を取った男性は、まるで引き寄せの法則でも働いているかのように、わたしの方をめがけてスルスルと近づいてきた。そして、すぐ前の座席に腰を下ろした。結果、わたしの視界の中心に巨大な羽根がそびえ立った。

興味を持った。

(何cmあるだろうか)

慌ててズボンのポケットをまさぐるが、あいにく巻き尺や物差しの持ち合わせがない。やむなく目測に頼ると、ゆうに20cmは超えていそうだ。そう、それはすでに小鳥のものではない。

 (猛禽類だ…)

猛禽類の羽根が差された布の帽子である。

<<いますぐ装備するかね?>>

RPGの世界にさえこういった奇抜な装備は無いだろう。威圧感こそあれ、防御力は乏しそうだ。布だし。

そういえば…これに似たものを最近どこかで見た記憶があった。

 

何だろう、どこだっただろう。

 

ああ、思い出した。図鑑だ。

 

 伊澤昭二 著『【決定版】図説・戦国甲冑集』

【決定版】図説・戦国甲冑集

【決定版】図説・戦国甲冑集

 

 戦国武将の兜には独特の意匠を凝らしたものがある。有名どころで言えば、直江兼続。その兜には大きな「愛」の文字があしらわれている。

 鳥の羽根といえば細川忠興。武将でありながら甲冑デザイナーでもあった彼の兜「山鳥尾頭立越中兜(やまどりおずたてえっちゅうかぶと)」をおいて他にない。

 正確な音節は分かりかねるのだが、その名の通り、山鳥の尾羽根が頭の天辺にシュッと真っ直ぐ突き立てられているという極めてユニークなデザインの兜だ。

似ている。しかし、違う。山鳥尾頭立越中兜と違って、目の前にあるモノは明らかに布でできている。兜ではなく布の帽子なのだ。

そんな薄い素材でできた帽子に、彼はあえて猛禽類の羽根を差した。

きわめてアンバランスな出来栄えではあるが、それを無視してまでも差さざるを得ない、差したくてたまらないほどのモチベーションに駆られたのだ、彼は。

それほどまでの強い動機とは何か?と思いを巡らすと、回答は自ずと浮かび上がってきた。誇示したいのだ。つまり…

「狩ったのだ!弓矢でな!」

男性を指差し、得意げに叫びそうになった刹那、彼はわたしよりも一つ前の停留所でバスを降りていった。わたしは行き場を失った指先を、そっと降車ボタンに添えた。

 

数週間後、わたしは再びその男と遭遇することになった。

 

その時を迎えるまで、帽子に差された巨大な鳥の羽根が、まさかもう一本増えていようとは知る由もなかった。